新着情報

国連平和の鐘を守る会 第10回勉強会

2024年4月6日、国連平和の鐘を守る会は設立10年の今年、最初の勉強会を日比谷図書文化館で行いました。講師にはITエンジンニアリング研究所代表、JICAパレスチナ中小企業支援プロジェクト専門員の岩浅紀久氏をお招きして、現地の実情をお話頂きました。

勉強会のはじめ、髙瀨代表が国連平和の鐘を守る会の設立について説明し、続いて岩浅氏にご講演頂きました。イスラエルVSパレスチナ問題として、ガザ地区の報道ばかりが目立つが、パレスチナにはヨルダン川西岸地区も存在する。このヨルダン川西岸地区に工業団地まで作った岩浅氏に日本では報道されないイスラエル、パレスチナ問題の歴史と現在の経緯、現地の実情をお話頂いた。参加者は熱心で、講演終了後も参加者からたくさんの質問が出て、時間が足りないほどでした。皆さんからとても良い勉強会だったと感想が寄せられました。

     

守口市教育委員会に絵本の贈呈

大阪府議会議員の西田薫氏のお口添えで、守口市の小中学校と図書館に絵本「コインでつなぐ平和の鐘」を贈呈することになり、2024年4月3日守口市教育委員会に絵本を贈呈させて頂きました。贈呈式には守口市教育委員会の田中実教育長、水川登志雄教育監、西田薫大阪府議会議員、国連平和の鐘を守る会の髙瀨代表、谷山理事、髙井理事が出席しました。

またその折髙瀨代表は、守口市の小学校、中学校の生徒さん達に平和の鐘の講演をさせて頂きたいとお願いしました。

  

 

第8回高山寺WPPCセレモニーに参加

2024年3月30日、前日の嵐のような天気から一転、素晴らしい青空の元、和歌山県田辺市の高山寺多宝塔の前で第8回WPPCの式典が行われました。WPPCの会の方と地域の皆様30名ほどの方が参加され、私は主催者の頭士久美子さんからご案内を頂き参加しました。

雅楽の音で始まり、頭士さんの開会挨拶、紀南ユネスコ協会の濱野会長のご挨拶、神戸のブラーマクマリス代表の平和メッセージがありました。続いて国連平和の鐘を守る会の代表として髙瀨が平和メッセージを述べた後、平和の鐘を鳴らしてフラッグセレモニーに移りました。参加者が次々に国連加盟国193ヵ国他各国の平和を祈って大陸ごとに旗を振り、各国の平和と世界の平和を声を出して祈りました。

大陸が替わる度に髙瀨が平和の鐘を鳴らし、ヨガの指導者に倣って皆で平和の瞑想を行いました。このセレモニーはZOOMで世界に向けても発信されました。

WPPCとは国家、民族、宗教、思想などのあらゆる違いを超え、一国一国の国旗を掲げながら、参加者全員でその国の平和を祈るセレモニーです。

      

 

武蔵野プレイス展示会

武蔵野プレイス展示会

2024年3月20日、武蔵野プレイス1階ギャラリーで、稲森アートプロジェクトグループ主催のテーマ「どうして大人は戦争をするの?」愛と平和の祈り展が開催され、担当の沢裕香里さんから声掛けを頂き、4㎏の平和の鐘を展示させて頂きました。

講演とは違い、個人個人に直接平和の鐘についての質問にお答えすることが出来、良い機会を頂いたことに感謝しております。

     

新春講演会「檻の中のライオン」

2024年1月6日、楾 大樹(はんどうたいき)弁護士の講演会が多摩市でありました。「檻の中のライオン」というユニークなテーマだったからか、若者や子供たちも参加していました。午後1時半から3時間の長い時間でしたが、講師の話し方が楽しくてテンポも良く、3時間が短く感じました。子供たちも静かに話を聞いていました。講演では「檻」が憲法、「国(権力)」がライオンである、と例えられました。私達が安心して言いたいことを自由に言えるのは、「檻」のおかげであるということ、憲法で守られていることを知りました。正直いうと憲法はあまり直接関係のないことだと思っていましたが、改めて自分たちの日々の生活に関係することを知りました。憲法を身近に感じた講演会でした。

 

初詣

1月4日鎌倉宮に初詣に行き、小岩宮司にご祈祷して頂きました。

令和6年、元旦早々大きな地震があり、まるで龍が暴れる様でしたが、荒れる自然、人間が如何に非力かを思い知らされました。

国連平和の鐘を守る会は人々の平和を祈りますが、そのために何が出来るか考えていかなければなりません。

年の初めに先ずは地域、国、世界が穏やかであるよう、その実現を祈りました。

1 / 1912345...10...最後 »