新着情報

国連平和の鐘の式典に参加

2019年9月20日のNY国連本部の平和の鐘のある日本庭園は、世界各国の旗を持った大勢の人達で埋まっていました。国連平和の鐘を守る会からは今年も髙瀨代表と藤岡、門田、石塚、髙瀨(顕)の会員4名が式典に参加し、厳かな式典を見守りました。

グテーレス国連事務総長が「気候変動による世界の迫りくる危機」を訴え、平和の鐘を鳴らされた。世界が「自国中心主義」に進む時こそ「平和の鐘」が重要になると思いました。続いて鐘打した総会議長はナイジェリアの方で、式典後、別所大使が新しい総会議長と共に私達の方に歩んで来られ、素敵な笑顔で握手をして下さいました。

今回の訪問ではいろいろなことが沢山ありました。

平和の鐘のミニチュアをグテーレス国連事務総長と日本代表部の別所特命全権大使に贈りました。また国連の要請で、国連のツアーガイドさんに平和の鐘の成り立ちや中川千代治の思いをレクチャーしました。翌日国連ツアーに参加した守る会の会員は、ガイドさんが平和の鐘の説明を心を込めて丁寧に話したと喜んでいました。

夜は、日本レストラン「梓」の1室をお借りして、平和の鐘の講演会を催しました。川村大使夫人はじめ平和の鐘の式典で長年世界の子供さん達とバイオリン演奏をしている垂水さんなどNY在住の素晴らしい日本人の方々が出席されました。皆さん平和の鐘について初めて知ったと感動されていました。

被爆体験者のお話を聞く会で講演

2019年10月13日 多摩市のコミュニティーセンター大栗川かるがも館の平和典で講演をさせて頂きました。台風19号が去った後で皆さんお忙しい中、阿部多摩市長さんをはじめ30人を超える方が参加されました。市長さんの平和への強いメッセージで始まり、被爆体験者で80歳代の女性のお話、多摩市子ども被爆地派遣に参加された方の報告に次いで、髙瀨代表が国連平和の鐘の成り立ちについて講演しました。その中で国連の平和の鐘の礎石に広島と長崎の被爆の一握りの土が埋められたことを話しました。阿部市長さんは帰られる予定を変更して、最後まで平和の鐘の話を聞いて下さり、平和の鐘のレプリカを撞いて下さいました。最後に参加者の皆様が次々と平和の鐘を鐘打し、鳴り響く鐘の音に感動しておられました。守る会からは藤岡監事と藤岡会員が親子で応援に駆け付けて下さいました。

大阪万博記念公園から「世界平和」を発信しましょう

この度大阪府のご厚意で、大阪万博記念公園「平和の鐘」の第3回鐘打式典を10月27日に行います。

1970年の大阪万博では、国連から借りた「国連平和の鐘」が世界中の人々によって鳴らされました。万博記念公園の平和の鐘は、万博期間中ニューヨーク国連本部の庭で留守番役をしていた鐘です。国連の鐘と同じ資材で、世界の平和を祈る人々のコインを入れて造られています。この鐘には国連の鐘と同様に「世界絶対平和萬歳」と刻まれています。「世界絶対平和萬歳」とは、「世界が絶対に永遠に平和であります様に」という意味で、二つの平和の鐘の贈呈者中川千代治の強い願いです。

大阪万博記念公園、平和の鐘の前で午後1時半から鐘打式典を行います。

平和の鐘を鳴らして大阪万博記念公園から「世界平和」を発信しましょう。

是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

     日 時 : 2019年10月27日(日)

           午後1時30分より

場 所 : 大阪万博記念公園 自然文化園 平和の鐘の前

 

第5回勉強会

7月16日(火)に第5回勉強会を行います。

東日本大震災の被災者の方のお話です。

皆様のご参加をお待ちしております。

「平和」の思い、「令和」へ

大阪万博記念公園「平和の鐘」鐘打式典のご案内

 

日頃より国連平和の鐘を守る会にご支援とご理解を頂き心より感謝致しております。

この度、国連平和の鐘の姉妹鐘である万博記念公園の平和の鐘の第二回鐘打式典を令和元年6月8日に行うことと致しました。

昭和四十五年、大阪万国博覧会では国連から里帰りした平和の鐘を、世界中の人々が平和を祈って鐘を撞きました。そして国連平和の鐘贈呈者中川千代治はニューヨーク国連本部の鐘楼を空にしないため、国連の鐘と同一資材でもう一つ平和の鐘を造って国連の鐘楼に設置しました。

万博終了後二つの鐘は交換され、元に戻されました。国連で無事留守を守った 平和の鐘は今、大阪万博記念公園に大切に設置されています。

大阪府のご厚意でこの鐘の鐘打式典を昨年行い、世界平和を祈って鐘を響かせました。この度式典を行います六月八日は、ニューヨーク国連本部で中川千代治が贈った平和の鐘の贈呈式典が行われた記念の日であります。

 

大阪万博記念公園 自然文化園、平和の鐘の前で、午後4時半から式典を行います。平和の鐘を鳴らして大阪万博記念公園から世界平和を発信します。

是非ご参加頂き、この平和の鐘の響きをお聞きください。

皆様のお越しをお待ちしております。

大阪府議会で「平和の鐘」認識

3月1日に行われた大阪府議会で西田薫議員が、大阪万博記念公園の平和の鐘について、大阪府の取り組みと今後の対応についてと、平和の鐘の鐘打式典への参加について質問をされました。西田議員から国連平和の鐘と大阪万博記念公園の平和の鐘について成り立ちや経緯が説明されました。

鐘打式典には知事も参加して下さることになりました。また公園内の案内板に平和の鐘を明記して下さることを約束して下さいました。

議員さんの中には平和の鐘の事を初めて聞いた方も多くおられた様です。

当日は髙瀨代表も傍聴させて頂きました。

また3月7日の教育常任委員会では中川あきひと議員が平和教育について質問し、教育長から平和教育の一環で、子供達の学ぶ材料として小中学校にも紹介して平和授業に役立てたいと回答がありました。中川議員は郊外授業の中にも取り入れて、平和の鐘を見るのも良いのではないかと発言されました。

世界平和の象徴として国連にある平和の鐘の姉妹鐘である事を、大阪の子供さん達に知って頂くことで後世に伝えられていくことを願っています。