新着情報

終戦75年 特別展

終戦75年 特別展 「トランクの中の日本」 戦争、平和そして佛教が京都佛立ミュージアで開催されました。 国連平和の鐘の歴史と活動も「トランクの中の日本」の裏側に展示して下さっています。 期間は7月11日(土)から11月25日(水)ですが、10月からは完成したサンマリノ共和国に贈呈する「国連平和の鐘」の子供鐘の実物も展示されます。是非ご覧ください。 「トランクの中の日本」とは 1945年、若き米軍兵士ジョー・オダネルは、ヒロシマ、ナガサキなど焦土の日本を記録しました。 非公式に使用のカメラで撮った300枚のネガは帰国後、戦争の忌まわしい記憶と一緒にトランクに入れ、封印しました。「私はあの体験を語り伝えなければならない。」43年の時を経てトランクを開けさせたのは、彼の平和への願いでした。焼き場に立つ少年の写真はその中の一部です。

平和の鐘の鋳込み

2020年4月27日サンマリノ共和国に贈呈する平和の鐘の鋳込みが行われました。 平和への思いを込めて届けられたコインが入りました。 新型コロナウイルスの感染拡大で、サンマリノ共和国への平和の鐘の贈呈は延期となりましたが、職人さん達の手で丁寧に粛々と造られ、完成に向かっています。

老子製作所を訪問

令和2年2月26日に富山県高岡市の老子製作所を車で日帰りで訪問しました。 今年度皆様からお預かりした「49か国2299枚 約9㎏」のコインとメダルをお持ちして、老子製作所の元井秀治社長にお渡ししました。元井社長のお父様は大阪万博の時、千代治が国連に贈る留守番鐘の製作をお願いした人です。皆様の気持ちの詰まったコインをインゴットにして、サンマリノに贈呈する平和の鐘をはじめ、新しい平和の鐘の鋳造の都度その資材を入れていきます。国連平和の鐘の同資材のレプリカの一部を加えることで、中川千代治と世界の人々の思いを繋いでいきます。 元井社長も河原部長もコインを入れることの意義を良く理解して下さっており、鋳造の難しさの中で大変な努力して下さっています。工場内を見学させて頂き、社員の皆様と記念写真を撮らせて頂きました。

かながわ県民活動サポートセンター新春交流会に参加

2020年1月25日横浜のかながわ県民センターで行われた、新春交流会に参加しました。 国連平和の鐘を守る会会員の永井裕さんがかながわ県民活動センター理事をされており、声をかけて頂きました。図師たまみさんとMoeさんのミニコンサート、二胡演奏会もあり、最後に「みんなで平和の鐘を鳴らそう」というコーナーで平和の鐘についてお話をさせて頂き、参加した皆さんに平和の鐘を鳴らして頂きました。(鐘を鳴らしているのは会員の大久保敏治さんです) 昨年秋に同じイベントで知り合ったシンガーソングライターのMoeさんが、平和の鐘の活動に賛同して下さり、「BELL」という平和の鐘の歌作って下さり、お披露目してくださいました。 また、会員の高橋育郎さんも「ああ国連平和の鐘は鳴る」という歌を作って下さり歌って下さいました。最後に挨拶された副会長さんは、「平和の鐘」の歌が令和の歌と昭和ロマンの歌とで良かったと好評でした。 国連平和の鐘を守る会からは代表はじめ7名の方が参加されました。

鶴嶺八幡宮に参拝

1月22日鶴嶺八幡宮に新年のご参拝に行って来ました。 鶴嶺八幡宮は昨年の10月に「平和の鐘 鐘打式典」を行って下さり、平和の鐘の講演もさせて頂きました。その時から神殿の脇に平和の鐘の募金箱を置いて下さっています。これは、鎌倉宮がお賽銭箱の横に「国連の平和の鐘」のための外国コイン用の賽銭箱を置いてあることに共感され、賛同されて募金箱を置いて下さったのです。今回も7か国122枚のコインをご寄付頂きました。温かいご支援に感謝しております。

鎌倉宮に参拝

令和2年1月22日鎌倉宮に参拝に行って来ました。 鎌倉宮は中川千代治が崇敬していた神社で、国連平和の鐘のミニチュアはここで入魂して頂きました。小岩宮司には平和の鐘を良く理解して下さり、温かいご支援を頂いて感謝しております。国連平和の鐘を守る会の今年の更なる発展を願って小岩宮司に「心願成就」のご祈願をして頂きました。また新年にあたり今年の活動予定をお話しさせて頂きました。 帰りには神殿の脇に置いて頂いている、外国コイン用のお賽銭箱に集まった31か国622枚のコインをご寄付頂きました。次回の平和の鐘を造る時に一緒に鋳込ませて頂きます。

3 / 1012345...10...最後 »