平和の鐘の活動

ニューヨーク国連本部にある日本の「平和の鐘」について

昭和36年、キューバ危機、東西緊張が高まった時、アメリカとソ連の大使館を訪ずれた中川は、「少しの思いやりと笑顔で世界の平和が保たれる」とのメッセージと共に「平和の鐘」のレプリカをケネディ大統領とフルシチョフ首相に贈呈した。



国連愛媛新聞記載「平和の鐘」運動の提唱

昭和44年、大阪万博に「平和の鐘」が国連本部から万博会場へ里帰りすることが決まり、代わりに仮の鐘が国連本部に贈られることが決まりました。 昭和45年の万博では「平和の鐘」が撞き鳴らされました。

大阪万博記念公園にある「平和の鐘」 大阪万博記念公園にある「平和の鐘」


昭和44年 150個のレプリカを造り、鎌倉宮にて鐘の入魂式

昭和44年、万博での「平和の鐘」の里帰りを記念して、「平和の鐘」と同じ貨幣やコインの入った150個のレプリカを造り、鎌倉宮に自らトラックで運び、鐘の入魂式を行った。



国連愛媛新聞記載「平和の鐘」運動の提唱

レプリカの鐘はその第1号をウ・タント国連事務総長に寄贈。そして世界140カ国の大使館を自ら鐘を携えて訪問し、平和を訴えて鐘を撞いて頂き、寄贈して歩いた。

  • ローマ法皇庁
  • 中央アフリカ共和国
  • レバノン共和国
  • オウストラリヤ共和国
  • 中華民国
  • フィリピン共和国
  • カンボジヤ国
  • エクアドル国
  • サウジアラビヤ国
  • キューバ人民共和国
  • ラオス国
  • メキシコ共和国